協会の活動について

この協会の目的:

クリエイティブ食品開発技術者協会は農業から食卓に至る食品関連の仕事に従事する人のための組織であり、会員間のコミュニティーの場を与え、食品開発に関連する技術、知識の普及、啓発を通じ、技術革新を進め、食品開発従事者の教育、養成などを目的としています。

  • クリエイティビティーを中心にした講習会や実践的な演習。セミナー、講演会を多く企画

  • 他の専門的な協会、研究会、学会などと協同した職業人のための教育プログラムを実施

  • 地方や中小企業でも参加しやすいプログラム

  • クリエイティブ食品開発士の資格を初級、中級、上級で認定

  • 実際の学習の積み重ねを基に資格認定

  • ​業界で実質的に認識される資格認定

  • 食品業界での課題を特定し、専門家による研究あるいは課題解決を目的としたプロジェクトを選択、成果を業界や行政に提言

  • 会員のプロジェクトへの参加による能力増強

協会の事業:

クリエイティブ食品開発技術者協会は次のような事業を行います。

 

  1. 食品に関する職業人のコミュニティーを確立します。

  2. 食品開発関連従事者のための教育プログラムを確立し実施します。

  3. クリエイティブ食品開発士の資格認定を行います。

  4. 食品関連の課題プロジェクトを計画、実施します。

1. 食品に関する職業人のコミュニティーの確立

​コミュニティーとして次のような活動を行います。

2. 食品関連従事者の教育事業

​協会独自あるいは協賛団体と次のような教育活動を行います。

3.クリエイティブ食品開発士の資格認定

​協会独自のシステムで食品開発を専門とする資格を認定します。

​クリエイティブ食品開発士とは

  • 食品分野の広い知識を持ち、創造的な開発能力と実践的な応用力を持つ食品開発技術を会得した者である。

​​食品開発士の取得について

  • 初級、中級、上級の3段階で取得できる。

  • 他の資格との違い

    • 資格試験を受ける前に必要とする学習を必要とする。

    • 上級資格は食品業界での幹部候補生としての資質を持つ者に与えられる。

    • 特定の商品、分野などに特化した資格ではありません。

4. 食品関連の課題プロジェクトを実施

  • 食品業界で問題となっており、それに対する解決方法を求めるのに広範な知識と技術が必要とするものについて、協会が人材を集めてプロジェクト・チームを組織し、その解決方法を考え出す。

  • 問題提起は食品企業、あるいは個人から提案され、それを協会内の委員会で検討して取り上げ、プロジェクト・チームを組織し、その進捗を管理する。

  • プロジェクトの資金は企業あるいは個人から得る。あるいは政府補助金なども検討する。

  • 成果による利益は、そのプロジェクトにより、参加企業、あるいは個人に還元することもできる。

  • 食品産業全体に利用できるような公共的なプロジェクトの資金として政府助成金を求め、成果は食品業界に広く利用してもらう。

© 2023 by Coach.Corp. Proudly created with Wix.com